木曽の伝統【お六櫛】みねばり櫛 つげ櫛 イスノキ櫛 

■必ずお読みください(お六櫛の購入を検討されているお客様へ)

NHK-BS「イッピン」、テレビ東京「和風総本家」出演の影響で、現在お六櫛のご注文が大変殺到しております。誠に恐れ入りますが納期はご注文からおおよそ7ヶ月程かかってしまいます。ご入金いただいた順番にお作りし、お六櫛が出来次第発送というかたちになります。 気長にお待ちいただける方のみご利用下さい。お急ぎの方はお控え下さい。 ※納期未定の為クレジットカード払いができませんのでご注意ください。ご購入前に必ず下記の「ご購入前にお読み下さい」をご覧ください。電話、FAX、メールでのお六櫛のご注文は受けておりません。直接工房に来られての販売もしておりません。【重要】ご注文時やお問合せ時にご入力いただくメールアドレスのお間違えが非常に多いです。間違えられますとその後一切の通知やお知らせが届きません。あとからメアドの変更もできません。何卒お間違えになられないようにご注意ください。迷惑メール対策をされているお客様は『noreply@thebase.in』『furukawaya94@gmail.com』からのメールを受信可能にしてからご注文下さい。

about

江戸時代、東西を結ぶ重要な連絡線であった中仙道(木曽路)。そのほぼ中心に当たる「藪原宿」では名物として現在に至るまで多くの人々に 愛され続けてきた工芸品があります。 それはみねばりという堅く柔軟性の高い木材で造った木櫛です。朝夕髪を梳かせば 頭痛がたちまち消えてしまったとの伝説で知られる木櫛「お六櫛」。藪原宿はその発祥の地です。 工房ふるかわやはそんなお六櫛と共に薮原宿で生まれ、お六櫛を造り続けてきました。 現在では、お六櫛作りだけにとどまらず、櫛をベースにさまざまなアクセサリーや日用品小物、楽器等 幅広くぬくもりある木の作品を造っています。 「櫛から広がる仲間達」をモットーに、文化と歴史を後世に受け継いでいけたらと日々考えております。

  • Home
  • About