木曽の伝統【お六櫛】みねばり櫛 つげ櫛 イスノキ櫛 

~重要なお知らせ~

TV番組「和風総本家」に取り上げられました影響でご注文が殺到しております。 当工房では、ご注文後にご入金いただいた順番にお作りし、商品が出来次第発送という形となります。 納期の確定ができませんので、気長にお待ちいただける方のみご利用下さい。プレゼント品等で期日が決まった方やお急ぎの方はお控え下さい。 現時点での納期の目安はおおよそ3ヶ月程先となります。 ご注文はホームページのカートからのみお受けすることができます。 (電話、FAX、メール、お手紙、お問い合わせフォームなどからのご注文はお受けできませんのでご了承ください) 全国各地の様々なイベントにも出展販売しておりますので、お急ぎの場合や現物を見てからご購入されたいお客様は是非ご利用下さい。 ※出展イベントはホームぺージ内にバナーがございますのでそちらよりご確認いただけます。

about

江戸時代、東西を結ぶ重要な連絡線であった中仙道(木曽路)。そのほぼ中心に当たる「藪原宿」では名物として現在に至るまで多くの人々に 愛され続けてきた工芸品があります。 それはみねばりという堅く柔軟性の高い木材で造った木櫛です。朝夕髪を梳かせば 頭痛がたちまち消えてしまったとの伝説で知られる木櫛「お六櫛」。藪原宿はその発祥の地です。 工房ふるかわやはそんなお六櫛と共に薮原宿で生まれ、お六櫛を造り続けてきました。 現在では、お六櫛作りだけにとどまらず、櫛をベースにさまざまなアクセサリーや日用品小物、楽器等 幅広くぬくもりある木の作品を造っています。 「櫛から広がる仲間達」をモットーに、文化と歴史を後世に受け継いでいけたらと日々考えております。

  • Home
  • About
  • Blog